Nipric - Card's Total Support

各種カード(素材・機能)

一般カード(ホワイトカード)

一般カードは、最もポピュラーなベースカードの通称で、素材にかかわらず白地・標準サイズのカードのことです。

素材

PVCカード

ポリ塩化ビニール(polyvinyl chloride)製カードの略称です。
現在、最も汎用的に使用されているカードです。

PET カード/PET-G カード

ポリエチレンテレフタレート(polyethylene terephthalate)製カードの略称です。
リサイクル可能で環境にやさしい素材のため、PVC利用企業様の切り替えも増え、近年使用量が増えています。
プリペイドカードにも使用されており、ペットボトルの素材としても有名です。
同種カードとしてPET-G(非結晶PETポリマー)カードがあり、これはPETの成分の一部を変性させたものです。

サイズ

標準サイズ JISⅡ型(JIS-X6301準拠)
(85.6mm×54.0mm×0.76mm)

クレジットカード・キャッシュカード・スイカをはじめ、社員証・学生証などにも最も多く採用されているサイズです。
また、市場のカードプリンタのほとんどが、適用カードサイズに採用しています。
特殊厚カードへの印刷は、仕様変更や付属品が必要となるケースがあります。

機能別カード

一般カード(ホワイトカード)に各種機能を搭載したカードです。

磁気カード

ATMカードやクレジットカード等で使用されているの磁気ストライプ付きのカードです。 データの格納が可能ですので、カードロックシステムやPOSカードシステムなど数多く利用されています。 代表的なフォーマットは、JIS-Ⅰ型(ISO 規格、国際用)とJIS-Ⅱ型(日本独自、国内用)になります。
また、デザイン性を考慮し、ストライプを外から見えなくした、磁気隠蔽カードもあります。

データ容量 72バイト(JISⅡ)
保持データ 基本的に保持できるデータは、キーとなる学籍番号や氏名程度
特徴 セキュリティ性は低いが、普及している為、システムインフラが整っており、カード媒体の価格も安い。 将来的な機能拡張性は低い。

ICカード

ICチップが埋め込まれたカードの総称です。埋め込むICチップは様々で、カードの特徴となります。
磁気カードよりも利便性に勝り、高情報量で、高セキュリティーなカードです。
ICカードは「接触式」と「非接触式」の2種類に大別されます。

データ容量 ~2.5K~32K
保持データ 通常データに加え、個人認証用IDや決済データなど、セキュリティ性の高いデータを保持可能で、各種アプリの実装も可能。

非接触式ICカード(RFIDカード*

チップとアンテナがカード内部に埋め込まれており、無線により通信を行う方法です。 カードをICリーダ・ライタにかざすだけでデータアクセスできる、利便性の高さが大きな特徴で、主に交通系カード、電子マネー、社員証として採用されています。

Felica(フェリカ)方式
ソニーが開発したFelica(フェリカ)カードで、特に日本国内やアジア圏で数多く採用されています。代表的なものに、 交通系のSuica(スイカ)、PASMO(パスモ)、電子マネーEdy(エディ)、WAON(ワオン)などがあります。
タイプA mifare(マイフェア)
NXP社がライセンスを持つ、mifare(マイフェア)カードなどに代表されるカードです。世界で最も普及しているカードです。

接触式ICカード(コンタクトICカード )

カード表面の接点端子が金メッキされたICチップとICカードリーダ・ライタが直接接触して通信を行う方式です。
非常にセキュリティ性が高く、金属・クレジット分野、ETC等で幅広く使用されています。 将来的には金融機関との連動システムの構築も可能です。

非接触+接触式ICカード(タイプB)

非接触式の運用のスピーディーさに、決済系の拡張機能の併用を可能とした高性能ICカードです。
2Chipのハイブリッドと1Chipのデュアルインターフェイスがあります。ICチップ内に多くの情報を格納することができ、セキュリティ性能も高いため、住民基本台帳カード、運転免許証など公的個人認証に利用されています。

*RFはRadio Frequencyの頭文字で、無線技術を用いたICカードの総称です。

リライトカード・ロイコカード(PET/PVC)

カード表面に熱転写により文字を印字する加工をしたものです。
ロイコリライト方式の印字機能を持たせた専用のリーダーライターを使用することによりリアルタイムに300~500回書き換え可能なカードです。 ポイントカードや予約診察券、プリペイドカードなどに適しています。

バーコード&QR印字カード

データをシンボルに変換して、印字(プリント)することにより、様々なカードにID機能を持たせます。

一次元バーコード

バーコードは商品や流通などはもちろんですが、IDカードへも数多く利用されています。
IDカードといえばまず思い浮かぶのは、磁気ストライプや、ICチップを搭載したものをイメージされるかも知れません。
情報量やセキュリティーの面では、他の記憶媒体には劣りますが、長年利用されているシンボルですので、併用して利用したり、既存のシステムと簡単に連携できるなど利点も多くあります。また、バーコード印刷には特別な技術や素材を必要としないので、導入・運用にあたってのコストを抑えることができます。 バーコードリーダーも一般的に普及しているので、簡単に入手できるのが利点です。

代表的なバーコードの種類と選択の方法

バーコードの種類はいろいろありますが、一般的にIDカードによく使われているのはCODE39、CODABAR(NW-7)、ITFです。
最近はCODE128も注目されています。種類により、バーコード化できる文字の制限とシンボルサイズが異なる為、データにアルファベットを含むかどうかと、 印字スペースに収まるかどうかの2点が選択の要となります。

シンボル 種類 用途 文字の種類 シンボル長 / スタート・ストップ
JAN-13 EAN-13
JAN-8 EAN-8
日本・欧州の
商品コード
数字(0~9)のみ 13桁標準/8桁短縮
UPC-A/UPC-E 米国の
商品流通コード
数字(0~9)のみ 12桁標準/8桁短縮
CODE 39 米国電子部品業界
NATO、工業用・
産業用として普及
数字(0~9)・
アルファベット(A~Z)・
記号
(-、スペース、$、/、+、%、.)
桁数可変長/*
ITF
(2of5 Interleaved)
血液銀行、宅配便
図書館、DPE
会員カード
数字(0~9)のみ 偶数桁、桁数可変長/
バーパターン
CODABAR(NW-7) 段ボール印刷
図書館、ビデオ
カラオケ
数字(0~9)・
記号(-、$、:、/、+、.)
桁数可変長/
a~d、t、n、*、e
CODE-128 公共料金収納
医療材料管理
フルアスキーコード
128文字
〔数字(0~9)、制御コード、大文字/小文字、記号〕
桁数可変長/
タイプ別3種
GS1-12B
(EAN-128/UCC-128)
医療関連、物流情報
商取引情報コード

二次元コード(QRコード)

最近、雑誌や広告、インターネットサイトでよく見られる複雑な模様のコードです。
水平方向だけでなく、垂直方向にも情報を持つ表示で、同サイズならば、一次元バーコードの数十倍~数百倍の情報が入ります。
数字・アルファベット・漢字・記号・ひらがな・カナはもちろん、バイナリ・制御コード等の各種情報が入ります。
データの暗号化により、セキュリティ性を得ることもできますので、手軽な個人認定の方法として、IDカードに利用されたりしています。

二次元コードのシンボルの表示方式には、スタック式とマトリックス式の2方式に分類され、シンボルの種類は現在20以上あります。
多くは米国の企業による供給ですが、日本ではデンソー供給のQRコードが一般的に多く利用されています。

主な2次元コード

QRコード

(株)デンソー(日本) マトリックス式

データ量
数字:7,089/英数字:4,296/バイナリ:2,953/漢字1,817
主な特徴
省スペース・高速読取・大容量
主な用途
全分野
規格化
ISO/JIS/AIM International
DataMatrix

CI Matrix社(米) マトリックス式

データ量
数字:3,116/英数字:2,355/バイナリ:1,556/漢字778
主な特徴
省スペース
主な用途
FA
規格化
AIM International/ISO
PDF417

CI Matrix社(米) スタックドバーコード

データ量
数字:2,710/英数字:1,850/バイナリ:1,018/漢字554
主な特徴
大容量
主な用途
OA
規格化
AIM International/ISO

Page Top